しらかば農園BLOG

晩秋の菊芋収穫(11/5-6,11,13,18,21-22,27)

今シーズン最後の収穫は、「菊芋」の収穫です。
11月5日からのカラ寄せ作業に始まり、途中、雨の日や降雪の中で寒さに震えながらの収穫作業もありましたが、約3週間に渡って収穫を無事に終わらせる事が出来ました。
台風17号の影響で倒伏や傾いた菊芋は、若干、粒が小さかったのですが、台風の強風に耐えた菊芋は、大きさ、収量共に良かったです。

収穫に先立ち、まずは菊芋のカラ寄せ作業から始まります。
下の写真は、夏場に撮影した「菊芋」・・・ゆうに3メートルを超える背丈でした。

010911k-2

晩秋になり、霜に当たり、茎が枯れた頃が収穫適期になります。
まずは、刈払機で根元から刈ってゆき、その後、刈り取った茎の畑から運び出します。(11/5~6,13)
この作業が大変なのですが、天気に恵まれ、延べ3日間で終了しました。このカラ寄せ作業・・・他の菊芋栽培している方達はどうしているのでしょうか・・・一回他の人の収穫を見てみたいなと思いました。

011105-5

枯れた茎を畑の外に出し、2トン車で別な場所に運び出します。
綺麗にカラ寄せなど片付いていないと、収穫する際に邪魔になったりしますので、細かな枝も拾い集めます。

011105-4

011105-3

下の写真の片隅に写っていますが、同じ位の菊芋畑が道路を挟んで、もう一つあります。

011105-2

収穫1日目(11/13)
初日の収穫作業が最も天気が良く、暖かく、この時期にしては珍しいくらいの好天の中、収穫する事が出来ました。
ただ、畑の端っこ辺りは、台風で傾いた菊芋が多かったので、ちょっと粒が小さめでした。

011118-1

011118-3

011118-4

011118-2
小さな芋まで丁寧に拾い、コンテナに入れてゆきます。

011118-5

収穫2~4日目(11/18,21-22)
前日に青森県と秋田県の県境に位置する十和田湖近く「田代平農場」で初雪があり、この日から降雪の中での作業となりました。
一面の雪・・・毎年、収穫の最後の方は降雪の中で行われますが、収獲2日目にしてこの雪は過去なかったかもです。

011121-1

本当に雪の下から収穫出来るの?
初めて菊芋の収穫作業をした社員から聞かれました。菊芋は寒さには強いし、収穫するトラクターが入れる内は大丈夫です。
それより、掘り起こした菊芋を拾う手がかじかんでしまうほどの寒さでした。

011121-2

収穫2日目からは地元のシルバー人材センターさんにも手伝って貰い、とても寒い中ではありましたが作業が捗りました。

011122-4

011122-5

天気も回復し、お昼頃には雪も溶けてました。

011121-3

011121-4

011121-5

収穫3日目の後、寒冷前線の通過で「大雨」・・・畑がぬかるんでトラクターが入れず、天候回復と共に、畑の状態待ちで数日間お休みになりました。
収穫のしないその間は、野菜スープの製造を行っています。

011122-1

かなり大きめの菊芋が収穫されていますね
しらかば農園の菊芋は、「大きさ」と「食感の良さ」、「甘み」が自慢です。
ご購入された多くの方から、良く言われます。

011122-2

最終日は11/27で、来春収穫予定の「雪の下 菊芋」分を残して終了しました。

今年は台風17号の強風で3割程度の倒伏や傾いてしまう影響があり、小粒や収量が悪い箇所もありましたが、全体的には過去最高の収量をあげることが出来ました。
早速、採れたてを食べてみましたが、寒暖の差で引き締まり、シャキシャキとした食感と風味と甘さを一層感じられる成熟した菊芋が沢山収穫されています。

採れたてなので、私はスティックサラダが一番、食感とほんのりとした菊芋の甘みを味わえる食べ方で気に入っています。

菊芋は、しらかば農園の注文受付電話 フリーダイヤル 「0120-17-4181」 で承り中です。

また、ネット販売は、以下の通りです。

しらかば農園ホームページ

ヤフーショッピングしらかば農園店

amazonしらかば農園店

一ヶ月ほどの保存がきく、「土付き菊芋」と すぐに食べられる「洗浄済菊芋」があり、3kgと6kgが各々あります。
是非、当園自慢の「生菊芋」を毎日の健康づくりにお役立て下さい。

 

2019年12月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤

採れたて野菜プレゼント出荷(10/28)

本日(10/28)は、毎年恒例のプレゼント企画「しらかば通信 採れたて野菜プレゼント」の出荷日です。

この企画は、野菜スープの原材料となる当園で栽培した自慢の「大根・ニンジン・牛蒡」をご応募頂いた野菜スープ愛飲者の方に、実際に目と舌で確認して頂くものです。
野菜スープの原材料はどんな野菜が使われているのだろうか・・・この野菜達を食べてみれば分かりますね。

今回のプレゼント内容は、以下の通りです。

011028-1

・大根(早朝に収穫してきた”葉付き大根”)
・おでん用大根(太く寸胴型の大根で冬じまんという品種)
・赤い大根(紅化粧という品種で、酢の物やサラダ用の大根)
・牛蒡
・紫ニンジン
・金美ニンジン
・バーニャカウダ用ニンジン4種(白、紫、橙、黄)
・辛味大根2種(辛いね、辛之助)
・天日乾燥米あきたこまち2kg

野菜スープの原材料以外にも楽しめる野菜が盛り沢山で、毎年ご好評を頂いております。

発送は1日がかりです。さすがに全ての野菜を当日収穫する事は出来ないのですが、一番新鮮さが求められる「葉付き大根」(土付き)を早朝に収穫してきて、箱詰めしてゆきます。

011028-2

011028-5

大根は、丸々と太った「秋大根」です。
当園自慢の大根は、味が染みやすく、煮物に最高ですね。
無農薬の大根の葉も全て食して頂きたいです。大根の葉は緑黄色野菜に分類され、とっても栄養価が高いとか・・・葉付き大根を全て堪能して頂ければ幸いです。

011028-4

こんな感じで梱包して出荷します。20キロ近い採れたての野菜達が「しらかば通信 プレゼント企画当選者」の方に届けられました。
当選者のお便りは、しらかば通信11月号(裏面)に掲載していますので、是非、ご覧下さい。
また、当選者の方の野菜を食べてみてのご感想もお待ちしております。

011028-3

恒例のプレゼント企画の出荷も終わり、残すは11月中旬から始まる「菊芋」の収穫を残すのみとなりました。

2019年10月31日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤

脱穀作業(10/18)

脱穀の前日の夕方、翌日の脱穀作業に備え、はさをブルーシートで覆い、朝露に稲穂が濡れないようにします。(午前に脱穀する分)

011017-1

011017-2

脱穀当日は、お天気に恵まれました。
9/30の稲刈りから、じっくりと天日と秋風で自然乾燥させ、お米の乾燥具合も丁度良くなり、18日後に脱穀が出来ました。

011018-1

脱穀はひたすら「稲穂」を干している「はさ」から稲束をおろし、ハーベスターに投入し、籾殻を穂から取り出す作業です。

011018-2

穂と籾殻が分離され、米粒の入った籾殻が袋に入り、籾殻を取り除いた稲穂が出されていきます。

011018-5

当園では、この藁(ワラ)を細かく裁断し、有機肥料にしています。

011018-4

脱穀作業は夕方まで続き、無事に全て終わる頃には辺りは薄暗くなっていました。
稲穂をはさからおろす人、ハーベスタのオペレータ、籾袋の運搬、稲藁をまとめる人、運搬する人など各役割があり、1日で全て終わらせようとすると、けっこう人手が必要です。

011018-6

011018-7

2019年産水稲の作況指数は「やや良」の104と発表されています。(平年作=100) 出穂期以降の生育が順調で、登熟は平年並としています。
籾袋をとった感じでも平年より袋数が多く、今年は豊作の手応えを感じました。

翌日、籾摺作業を行ない、平年以上の収量が得ました。
手作業による除草作業、撹拌、中耕作業、天日自然乾燥など、なるべく農薬を使わず、手間暇かけて栽培しているので本当に嬉しく思いました。
10年連続 秋田県特別栽培農産物(特栽米)の認定を受けた、当園の「天日自然乾燥米 あきたこまち」を是非、ご賞味下さい。
「安全・安心」で艶々した光沢、ほとよい粘りと甘みの新米のお米・・・美味しいですよ~

真空2kgパック袋に入れて販売しています。玄米、5分、7分、白米とお好みの精米白度が選べます。

IMG_0801

●ご購入はこちらまで・・・

・しらかば農園へ直接お電話で申し込みの場合 フリーダイヤル「0120-17-4181」 携帯電話からは「0186-37-4181」

当園ホームページ「天日乾燥米 あきたこまち」

・ヤフーショッピングしらかば農園店

心より、お待ちしております。

 

2019年10月29日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤

牛蒡の収穫(10/15-21)

牛蒡の収穫時期は、錦に彩る八甲田連峰や十和田湖・奥入瀬・蔦沼の紅葉シーズンとなり、農場から眺める十和田湖外輪山の紅葉がすごく綺麗な頃です。

農場に向かう山間道路です。
紅葉が綺麗です。農場に向かう車の中で紅葉を楽しみます。

011022-2

011022-1

いよいよ牛蒡の収穫スタート(10/15)
収穫前に秋田フキの様に大きな牛蒡の葉を事前に刈っておきます。

011015-1

日中も涼しい風が吹いて、少し肌寒いですが、動いて汗をかいているので丁度いい感じです。

011021-3

春先から高温・少雨の影響もあり、平年を僅かに下回る収量になりました。

011021-2

収穫している最中でも、牛蒡のよい香りがしています。

011021-1

011021-4

新鮮な牛蒡で作る「ゴボウサラダ」が一番、シャキシャキ感、香り、食感が楽しめますね。
あとは新米で作る「きりたんぽ鍋」の具材の一つとして牛蒡を使います。

牛蒡の収穫も終わり、残りは11月中旬から始まる「菊芋」の収穫を残すのみとなりました!


2019年10月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤

秋大根の収穫(10/7)

9月中旬から始まった「秋大根」の収穫作業も中盤に差し掛かり、秋大根らしい、丸々と太って、ずっしりと重い大根が沢山収穫されています。

011007-1

昼と夜の寒暖差が強くなり、大根の肥大化が進み、少し大きくし過ぎた位です。
この時期は、稲刈りやニンジンなどの農作業も重なるため、どうしても収穫適期ばかりに収穫出来るとは限りません。なかなか難しいところ・・・

011007-2

収穫した大根の中には、なんと重さ2.7kgもあるものも・・・
ずっしとした抜き応えがある大根です。

011007-4

秋大根の収穫も残り1回で終了になります。

 

2019年10月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤