脱穀作業(10/18-19)

秋晴れの好天のもと、「脱穀作業」を行いました。
刈り取りから2週間の間に、強烈な台風25号の直撃に、「はさ」が倒れてしまうのではないかと心配でしたが、なんとか大丈夫でした。
その後、好天が続き、刈り取りより15日後に、目標とする水分含有率16%に達し、脱穀となりました。

いよいよ脱穀スタート。朝はかなり冷え込みましたが、日中は暑いくらいの陽気でした。
午前中に脱穀する分にはブルーシートを掛けて、朝露に濡れないようにします。濡れてしまうとハーベスタ(脱穀機)の詰まりの原因になってしまいます。

301018-1

「はさ」から丁寧に束ねた稲穂をおろし、次々にハーベスタに投入してゆきます。ハーベスタで稲わらと籾殻を分離させて、袋に籾殻が溜まってゆきます。

301018-2

301018-5

籾殻を取り除いた「稲わら」をまとめてゆきます。
後で細かく切り刻んで、自家製たい肥の原料になります。

301018-3

301018-4

301018-6

昨年は秋雨前線の停滞で、刈り取りも脱穀作業もスムーズにゆかず、天候に左右されましたが、今年はほぼ計画通りに作業が出来ました。
新米「あきたこまち天日乾燥米」は、10月下旬に販売開始予定です。
今しばらくお待ち下さいませ。

2018年10月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤

もうすぐ脱穀!(10/15)

脱穀作業を三日後に予定されています。
今日は、お米の水分含有量の計測と昔ながらの「はさがけ風景」をお伝えします。

301015-3

水分含有量を計測したら、平均16.4%でした。
通常流通するお米の水分含有量は貯蔵性をたかめるため、14.5-15%以内。最近の火力乾燥機は美味しいと言われていますが、やはり、太陽と爽やかな秋風でじっくりと時間を掛けて天日自然乾燥させた「はさがけ米」との違いは出ます。
なにより、瑞々しくて艷やか・・・玄米の色が薄い感じがします。一晩で急速に乾燥させる火力乾燥と2週間以上、自然に天日干しするお米とは違います。

こうして、籾を逆さにすることで、稲穂の油分、栄養分、甘みが時間を掛けて、米粒に浸透してゆくので、天日干し米は美味しいと言われています。

301015-2

301015-1

遠くから見た「はさがけ風景」です。
米どころ「秋田」でも、昔ながらのはさがけ風景はあまり見ません。本当に少なくなりました。農家さんが自分達用にわずかにやる程度・・・
最近は、田んぼの集約が進み、大規模栽培が行われていますので、尚更ですね。
301015-4

明日は雨予報ですが、あさっては好天で気温も高く、丁度良いタイミング(水分含有率16%)で脱穀作業が出来そうです。

2018年10月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤

今年最後の大根掘り(10/15-16)

朝夕はめっきり冷え込みが強くなり、早くもストーブをつけている人もいます。
今年最後の秋大根の収穫作業を行いました。
まだ、新鮮野菜プレゼント用の各種大根はありますが、作付けスケジュール上の大根はこれでおしまいになりました。

今年の大根は、低温・日照不足、高温干ばつが周期的に繰り返し、種まきをした時期、発芽、成長期のタイミングでどんな気象条件に当たるかで、収量・品質に差が出る極端な気候で栽培管理が難しい年でした。

301012-1

「やませ」の影響で3割の収量減になった昨年に比べると、大豊作とまではいきませんが、平年並の収量でした。

301012-2

大根の洗浄風景です。

301012-4

秋大根らしい、丸々と太ったずっしりとした重さがありました。

301012-5

生サラダでも煮込んでも美味しい当園自慢の大根です。

 

2018年10月20日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤

稲刈り・はさがけ作業(10/3-4)

台風24号が通り過ぎた10/3より、稲刈り・はさがけ作業が行われました。

当園の「稲刈り・はさがけ」作業を説明します。
まずは、バインダーと呼ばれる収穫機で、稲を刈り取り、束ねます。

301003-1

301003-2

全て刈り取った後に、はさを組み立てます。
刈り取った稲束を寄せてスペースを作り、三脚と単管を運び、組み立ててゆきます。

301003-3

301003-4

はさを組み終えたら、はさがけしてゆきます。

301004-1

一束ずつ、丁寧にはさにかけてゆきます。

301004-2

全て掛け終えたら、刈り残しや落ちた稲わらを拾い集めます。

301004-3

秋晴れの好天に恵まれ、二日間で順調に作業を終える事が出来ました。

301004-4

天日と秋の爽やかな風で2週間程度、じっくりとゆっくりと自然乾燥させてゆきます。
稲刈り後も稲は生きていて、稲穂や籾殻の油分、栄養分、甘みが時間を掛けて米粒に浸透してゆくため、昔ながらの「天日自然乾燥米」は美味しくなると言われています。
手作業にて稲を集め、手間を掛けてのはさがけですが、手間を掛けた分、光沢のあるふっくら丸みを帯びた米粒に仕上がります。
数時間で乾燥させる火力乾燥との違いは歴然です。

順調に乾燥が進めば、10月中旬頃には脱穀作業が出来そうです。
当園の特栽米「あきたこまち天日乾燥米」を心待ちにしておられる方は、もう少しお待ち下さい。

2018年10月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤

菊芋の花が満開になりました!

9月下旬から咲き始めた「菊芋の花」が満開になり、菊の花に似た可愛らしい花が菊芋畑一面に咲いています。
台風24号の強風で一部倒伏はあったものの、なんとか無事に咲いています。

301002k-1

301002k-3

301002k-2

明日(10/7)、本県を直撃する台風25号・・・小まめに土寄せし簡単には倒れないように栽培管理していますが、なんとか無事でありますように!

2018年10月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤

牛蒡葉の取り込み(10/2)

台風24号が通過した10/2朝 吹き返しの風や小降りの雨の中、「牛蒡葉」の取り込み作業を行いました。

当園では、「濃縮野菜スープミニ」の原材料として使われる「牛蒡の葉」。
牛蒡の葉には、抗酸化作用があると言われる「クロロゲン酸」が多く含まれ、また、お茶の主成分であるタンニンも豊富に含まれています。
クロロゲン酸は、老化の原因となる活性酸素を除去する効果があり、タンニンには、動脈硬化やコレステロール、中性脂肪抑制作用の効果が期待されています。

野菜スープのパワーアップ版「濃縮野菜スープミニ」には、野菜スープの原材料(大根、大根の葉、人参、干し椎茸、牛蒡)の他に、人参の葉と牛蒡の葉がプラスされています。

301002g-1

収穫を3週間後に控えた牛蒡畑で、1年分の牛蒡葉を刈り取り、ハウスで乾燥させます。

301002g-2

台風で葉が振り回され傷んだところは取り除き、ハウスで乾燥させました。

301002g-3

牛蒡の葉は、アク抜きして佃煮や炒めものにする食べ方もあるそうですよ。
野菜スープのパワーアップ版「濃縮野菜スープミニ」も是非、飲んでみて下さい。

2018年10月6日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤

菊芋の花が咲いています!

9月下旬 菊芋の花が咲き始めました。9/26現在で、5~6分咲きくらいでしょうか・・
菊芋の背丈は3m近くに達していて、下から見上げるようにしか写真が撮れず、菊芋畑全体が見渡せないのが残念なところです。

菊芋は、その年の天候にもよりますが、当園では9月下旬頃から咲き始めます。

300926k-1

小さな菊に似た花を咲かせています。

300926k-2

台風21号で、一部の菊芋は倒伏し、根元から折れてしまいましたが、今のところ、順調に生育しています。
菊芋は花の開花後から急速に塊茎(かいけい)部が肥大化します。 その塊茎部が菊芋です。
霜が降って、茎が枯れる頃(11月中旬)が収穫時期になります。約一ヶ月半で一粒ずつ大きな菊芋になろうとしている時期です。

300926k-3

あとは、今週末の台風24号で倒伏被害がないように祈る思いです。

2018年9月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤

秋大根の収穫始まる!(9/25~)

9月25より「秋大根」の収穫が始まりました!

一週間に一度(2日間)のペースで10月下旬まで収穫作業が続きます。
秋大根は昼夜の寒暖の差の大きさで肥大化が進み、丸々と太った大根が収穫されるのが特徴です。
第一回目(9/25-26)の収穫した大根は7月末に播種されたもので、7月の低温・長雨の影響があり、生育停滞気味でした。・・・予定より1週間延ばしての収穫となりました。
1日目は気温も低く、終日、今にも雨が降りそうな曇り空でしたが、大きく、肥大化した大根の抜き取りには丁度良い天候で、作業が捗りました。

300925-1

300925-2

大根の葉の根元を包丁でカットしている様子です。スーパーで売っているような少し大根の葉を残すような事はせず、大根の葉はハウスで干し菜にして、野菜スープの原材料になります。

300925-3

二日目は天候も良く、大根堀りをしていて汗ばむくらいの陽気でした。

300925-4

収穫された丸々と太った大根達です。
二日間で合計5トン近くの収量がありました。数は数えていませんが、計算でいくと4,000本程度はあります。
肌も綺麗で、ずっしりとした重みがありました。

300925-5

なんと1本で2kgの重量がある大根。この位の重量があると、堀り取り時もずっしりした手応えがあります。

300925-6

早速、収穫したてを試食してみましたが、瑞々しく、シャキシャキ感が強く、生サラダで食べた社員が多かったです。
味が染み込みやすく、煮物でも美味しい当園自慢の秋大根・・・来週は稲刈り・はさがけ作業の後に収穫が待っています。
今が収穫本番です!

 

2018年9月27日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤

収穫の秋 到来! ニンジンの収穫始まる!

収穫の秋が始まりました!
9月中旬より、ニンジンの収穫が始まっています。
野菜スープの原材料となるニンジン。当園で栽培する品種は、「時無五寸」。昔からある品種で、寒さ、暑さにも強く、育てやすいのが特長です。
なによりも、昔ながらの品種なので、ニンジン臭さが強い! これが野菜スープでは大切です。今流行りのニンジン嫌いの子供でも食べられる甘い品種だと野菜スープには向いていません。
いろいろな品種を試してみましたが、寒暖の差が激しく、涼しい気候の十和田高原には合っている品種です。

収穫は、ニンジン堀り取り機を使用します。ニンジンの葉を機械が掴みとり、土から抜き取ります。その後、ニンジンの葉の根元から自動で切り分け、ニンジンだけが収穫されてゆきます。

300912-1

快晴での収穫作業。朝は冷え込みましたが、日中は暑かったそうです。品質・収量共に良好。2日間で3.5トンほどの収量がありました。

300912-2

収穫したばかりの新鮮なニンジンを、早速次の日の仕込み(野菜スープを作るための野菜の下処理・カット作業)に使用しています。

300912-3

 

2018年9月26日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤

春堀り用ゴボウの草取り(9/6)

台風21号が通過し、少し暑いくらいの秋晴れの中、来年の春に収穫するゴボウの草取りを行ないました。
10月に収穫が控えたゴボウとは大きさが違いますが、種蒔きした時期が長雨・低温にあたり、発芽不良があったり、成長が鈍く見受けられます。

300906-1

300906-3

300906-2

少し暑かったのですが、風は秋風・・・気持ち良く作業が出来て、捗りました。

2018年9月13日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤