稲刈り&はさがけ天日干し(9/30-10/1)

「秋田県特別栽培農産物」認定の特栽米の栽培も今年で10年目です。
昨年は天候の影響で収量減となりましたが、今年は天気に恵まれ、いい感じで育成・登熟してきました。

稲刈りの前日、下の様に田んぼの四隅を手作業で刈り取ります。これはバインダーと呼ばれる稲刈り機を田んぼに入れるスペースで、刈り取り作業を容易に始められるようにする為です。

010929-1

天候にも恵まれ、いよいよ稲刈りスタート。
天日干しするには普通のコンバインではなく、バインダーで稲わらを刈り取り・一定の量で結束してくれるバインダーで作業を行ないます。

010930-1

010930-2

010930-3

刈り終えた田んぼに「はさ組み」してゆき、刈り取った稲束を「はさ」の前に集めてゆきます。

010930-4

稲刈りは少し残してしまいましたが、全ての「はさ組み」を終えて、1日目の作業は終了になりました。
折しも「台風18号」が沖縄県先島諸島を通過した辺りでした。朝夕はめっきり涼しさが増し、寒いくらいですが、台風の影響か日中は気温がグングン上がり、汗ダクでの作業になりました。

010930-5

2日目は残った稲刈りを1時間程で終え、運搬機に稲束を集め、いよいよ「はさがけ」作業をスタートしました。

011001-2

011001-3

二人一組でペアを組み、稲束を渡す人、はさがけする人で役割分担します。

011001-5

隙間が空かないよう、しっかり稲束をかけてゆきます。

011001-4

昔ながらのはさがけは、重い木材ではざ組みしていましたが、今ははさがけ用の三脚と単管で組み立てします。

011001-6

ひたすらはさがけ作業を行ない、夕方には全ての稲束を掛け終えました。はさがけも重労働ですが、何よりも暑さとの戦いになりました。10月に入ったし、もう少し涼しげな風が吹いてくれればなーと思いました。

011001-8

011001-7

はさがけ作業を終えて、去年よりはさ組みも多く、平年並の収量が期待出来るかな~

011001-10

これから2~3週間、天日干しします。
じっくりと時間を掛けて自然乾燥させることで、稲穂の油分、栄養分、甘みが最下部の米粒に降りてゆき、丸みを帯びた甘みあるお米に仕上がります。
また、天日乾燥米の美味しさの秘密として、お米の水分含有量が高めに出来ることです。
流通するお米の水分乾燥率は14-15%ほどですが、当園の天日乾燥米は15.8~16%にします。お米は水分が高いほど、瑞々しさと旨味があると言われています。

約2週間、じっくりと天日と風で乾燥させ、細かな水分管理を行ないます。
10月中旬には「脱穀」を行ない、下旬には新米を出荷する予定です。後は台風が来ない事を祈るばかりでしす。

011001-9

当園では10年連続特栽米認定の「天日乾燥米あきたこまち」のご予約を承り中です。
新米が出回り、もう新米を食べた方も多いと思いますが、農薬・化学肥料は慣行栽培の半分以下に抑えた「特別栽培」×「昔ながらの天日乾燥」のお米を是非、お召し上がり下さい。(新米の発売は10月下旬頃です)

 

2019年10月4日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤

菊芋の花が満開です(10/2)

菊芋の花が満開時期を迎えました。

当園の菊芋は、9月下旬~10月中頃にかけて小さな菊の様な花を咲かせます。

011002-4

絨毯のように菊芋の花が咲いていますが、3メートルを越す位置で咲いています。
この写真も2トン車の荷台に乗って撮影したものです。ほんと綺麗ですよ。

011002-3

9/11時点の菊芋の様子。つぼみの状態です。

010911k-4

背丈は3メートルを超えています。

010911k-2

9/24の菊芋畑の様子。
西日本で被害が大きかった台風17号の強風で、2~3割は倒伏してしまいました。

010924-2

010924-1

そして現在の様子。
倒伏したり、茎が折れてしまった菊芋もありますが、傾きながらも綺麗な花を咲かせています。

011002-2

菊芋は花を咲かせた後、食べる菊芋に当たる根の部分が肥大化してゆきます。
霜に当たり、菊芋の茎が枯れた頃が収穫時期です。

011002-5

収穫は11月中旬頃からになります。菊芋への問合せ、予約も頂いております。
販売は11月下旬になりますので、今しばらくお待ち下さい。

 

2019年10月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤

秋大根の収穫(9月中旬~)

9月中旬から始まった「秋大根の収穫」が最盛期を迎えています。

朝夕はめっきり涼しくなり、早朝から行う大根の収穫もカッパやヤッケを着ての作業になりました。当日収穫する大根を全て掘り終えた時は、雨に降られたように朝露でカッパが濡れています。
当園では、その日1日で収穫作業、大根の葉のハウス干し、大根の洗浄、計量、冷蔵庫格納までを行うため、1日で収穫出来る面積は10a程になります。
朝夕の寒暖差で大根の肥大化が進み、ずっしりとした手応えのある大根が収穫出来ています。

まずは収穫作業。
長さが100mある大根畑をひたすら収穫してゆきます。

010927-1
010918-5

秋大根は寒暖差と適度な雨で肥大化が進み、ずっしりとした手応えになります。
肥大化が進むと大根は大きく太くなりますが、大根の葉も大きくなりすぎたり、固くなったりしますので、乾燥させる大根の葉の大きさ、状態も考慮した「収穫適期」で、大根を収穫します。

010927-5

続いて、大根と大根の葉の切り離し。

010906-3

切り離しが終了すると、大根の袋詰め。

010918-3

010906-2

その後、大根の葉を荒縄でまとめ、運び出しやすいようにします。

010927-3

010906-4

大根、大根の葉を4トン車に積み込み、農場から野菜スープ製造工場まで運搬します。
午後からは、ハウスで大根の葉を干してゆきます。

010722-6

その後、大根を洗浄します。

010819-5

収穫した大根を計量し、冷蔵庫に収納してゆきます。

010807-4

010906-5

010807-3

これから収穫する大根の面積です。

010918-1

9月中旬から、週1回ペースで秋大根を収穫しています。秋大根の収穫は10月下旬まで続けています。

 

2019年10月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : 兎澤